「キャラ素材」は、yukktalk発表直後から現在まで開発を続けている、
こちらが制作した、AviUtl上で動作するアニメーション機能です。


「キャラ素材スクリプト」と言う、AviUtlスクリプトにより動作します。
よって、AviUtl連携ツールであれば、簡単にキャラ素材機能は導入可能です。


sm27609245

キャラ素材アニメーション機能Ver5f

キャラ素材を使用した動画を投稿する場合は、
こちらの動画に 親作品登録をお願い致します。

既に旧キャラ素材紹介動画(sm22479399)に対し、
登録をして下さった方…誠にありがとうございます。

sm22479399)にご登録頂きました動画は、
新たに登録も差し替えも必要ございません。






使用ソフトに関わらず、動画にキャラ素材を使用する場合は、
キャラ素材スクリプト利用規約を必ずお読みください。

マナーを守れる場合のみ、キャラ素材はご使用願います。



・「 らくがき式咲夜、萃香、天子、こいし、こころ、華扇」6名を追加!


















ここからは、外部のキャラ素材配布サイトへのリンクとなります。
各サイトは「キャラ素材スクリプト利用規約」を遵守の上、配布されてます。

















以上のように、バナー掲載とリンクを希望する素材制作者の方は、
配布所にバナー掲載を希望する場合」をご一読の上、ご連絡下さい。




キャラ素材スクリプト利用規約は「キャラ素材の規約」ページに移設しました。
以下のバナーをクリックして、ページ内の規約をご確認願います。






2016/01/21 Ver5g

☆眉が自動的に下がり、目パチがより自然に見える機能を追加

◆「キャラ素材」オブジェクト
@軽量化に伴い目のループアニメが正常に動作しなかった不具合を修正
A目のループアニメの1コマを0.05秒→1/15秒(30FPSの2コマ分)に変更
B00.pngの後パーツが表示されない不具合を修正
C素材設定「眉下がり幅」の分だけ、目パチ時に眉の位置を下げる処理を追加

2015/10/11 Ver5f

☆キャラ素材の動作が大幅に軽量化!

◆「キャラ素材」オブジェクト
@軽量化の為、キャラ素材の構成を事前判別し、適用する処理を見直した
A拡張アニメ適用の最小限化の為、ベースに「素材タイプ」情報を追加
B複数ポーズ素材の眉が正常に半透明になるよう修正
C眉をくっきり表示する為、デフォルトの前髪の不透明度を25%に変更
D服上と服下に、色変えの影響を受けない服の模様(uパーツ)を追加
E服から髪に落ちる影を廃止し、服から肌に落ちる影(sパーツ)を追加

2015/05/27 Ver5e

◆「キャラ素材」オブジェクト
@目のループアニメ_,aa,bb,cc,…zzパターン追加(上限27コマ)
A目パチアニメ_abcdefghijが任意のコマ数で設定可能(上限11コマ)
B目のスムーズアニメ_klmnopqrstが任意のコマ数で設定可能(上限11コマ)

2015/04/25 Ver5d

◆「キャラ素材」オブジェクト
@ベースが目パチする目パーツで、表情が目パチしない目パーツの場合、
  目パチのタイミングで、目が非表示になる不具合を修正
Aスムーズな目閉じ、ウィンクの_klmnoパターンが6コマ固定ではなくなった
B目のループアニメーション_fghijパターンを追加

2015/01/15 Ver5c

☆ポーズに合ったパーツが自動的に選択される機能を追加

◆「キャラ素材」オブジェクト
@体パーツ00u.pngが00bu、00wuを用意していない場合、
 [肌の色]の影響を受けない不具合を修正
A全のセット.txtに空の改行が存在する場合の正常に表示しない不具合を修正
B乗算顔色に変更した場合、ベース顔色が適用されない不具合を修正
C日焼けした肌色の彩度を高くした
Dポーズごとに、パーツが構成されたキャラ素材に対応

2014/11/08 Ver5b

◆「キャラ素材」オブジェクト
@眉パーツが[髪の色]トラックバーの影響を正しく受けるよう修正
Aポーズに影響されないスカート等の服は、例えば、
  01フォルダにポーズ数分用意せず、01c.png一つ用意すればOKなようにした
B素材制作者側で、独自に色黒・色白の肌色を用意できるようにした
(体パーツ01b.pngや01w.pngが使用可能)
C[髪の色]に影響されない髪の分離パーツ01v.pngに対応した
D体と服上パーツの手だけ分離しての、前配置(m)、後配置(u)を可能にした
E服より前にくる髪パーツ00cf.png等に対応した

2014/10/04 Ver5a

☆キャラ素材のカスタマイズ機能を強化

◆「キャラ素材」オブジェクト
@ベースオブジェクトに[ベース髪]など、新たに8つのトラックバーを追加
 髪型や上下の服装、髪や目や服の色合いがユーザー側で選択可能になった
A髪の色、目の色、肌の色、服の色が変更可能になった
B体パーツに対し「下余白.txt」と体パーツの下余白ファイル名で、
 ポーズが多彩なキャラの自動着地が可能になった
C目の色、服の色の影響を受けない、分離パーツが使用可能になった
D目や口や服より前面に配置する、体と分離した手パーツが使用可能になった



2014/03/30 Ver4e

◆「キャラ素材」と「動画素材」を「素材」フォルダに統一した事への対応

2014/03/08 Ver4d

◆「キャラ素材」オブジェクト
@旧作ロイズの人魂アニメ「rs」パターンを追加
A「rs」パターンが正常に動作するよう、拡張アニメーション処理を修正

2014/01/30 Ver4c

◆「キャラ素材」オブジェクト
@眉位置の補正情報を含む目パーツに対応、-12〜+12の縦移動が可能になった
A登場退場演出3:伸縮ジャンプが登場退場の両面に設定できない不具合を修正
B目パーツに目口セット描画(y)と目眉口セット描画(x)のパターンに対応

◆「立ち絵素材」オブジェクト
@「待機透明度」をキャラ定義ごとに設定する処理を追加

2013/10/02 Ver4b

◆「キャラ素材」オブジェクト
@キャラごとに異なる「セット.txt」が反映されない不具合を修正

◆「立ち絵素材」オブジェクト
@左右反転がONの際、登場・退場が正しく反転しない点を修正

◆「ウィンドウ」オブジェクト
@「台詞主の表示」のチェックボックスが効かなくなっている不具合を修正

2013/09/22 Ver4a

◆「キャラ素材」オブジェクト
@アニメーション「全」機能を追加
(「全」トラックバーで一括で、動くパーツを選べるようになります)
Aスクリプトサイズに上限がある為、拡張アニメーション.luaに分離
(今後は、拡張アニメーションを無制限に追加できます)
B顔、眉、マークも、拡張アニメーションが可能になった
C「マーク演出6:起点付き鼓動」を追加

◆「立ち絵」「マーク」オブジェクト
@拡張アニメーションのマークに対応
A「マーク演出6:起点付き鼓動」を追加(鼻ちょうちん演出等に使用)



2013/08/30 Ver3i

◆「キャラ素材」オブジェクト
@きつね式キャラ素材の耳アニメ「ky」パターンを追加

2013/07/22 Ver3h

◆「キャラ素材」オブジェクト
@体パーツごとの髪型に合わせた、髪パーツを用意できるようにした
A私式。ゆっくりのオーラ演出「wa」パターンを追加

2013/07/05 Ver3g

◆「キャラ素材」オブジェクト
@口パクの為のgetaudioの処理を見直し、「SoundEngine」経由でも、
 音声合成ソフトによらず、全キャラ同じような口パクができるようにした

2013/05/15 Ver3f

◆「立ち絵素材」オブジェクト
@[設定]内に「登場退場アンカー」のチェックボックスを追加し、
 アンカーポイントで、登場退場の開始地点を設定できるようにした
AキャラのX位置が0の時、移動系の登場/退場演出が動作しない不具合を修正

2013/03/25 Ver3e

◆「プレート」オブジェクト
@プレートの高さが、AviUtlに設定した最大高さの1/3までしか、
 正常に設定できなかったのを、1/2まで設定できるよう修正

2013/03/17 Ver3d

◆「キャラ素材」オブジェクト
@表情オブジェクトのその場で「跳ねる」動作の不具合を修正

◆「背景」「フレームバッファ」オブジェクト
@背景を、テキストオブジェクト→画像or動画オブジェクトの変更に伴い、
 「背景」「フレームバッファ」のアニメーション効果を「色調加工」に統一

2013/01/17 Ver3c

◆「キャラ素材」オブジェクト
@「地面影」の付き方を見直した
A表情に付く「マーク」を、「マーク」オブジェクトと同等くらいに強化
B 登場と退場の演出の4を「変身」演出に変更

◆「立ち絵素材」オブジェクト
@仕様を大幅に変更
A立ち絵に付く「マーク」を、「マーク」オブジェクトと同等くらいに強化

◆「アイテム」オブジェクト
@地面影や演出を大幅に見直し、仕様を強化

2013/01/17 Ver3b

☆「拡張アニメーション」機能を追加

耳アニメやしっぽアニメ、羽アニメのように、
素材制作者の方が自由にアニメーションを組み込めるようになった

☆「アイテム」オブジェクトを新規追加

◆「キャラ」のオブジェクト
@地面影を「傾斜変換」で描画する影に変更
A アクセサリがキャラの下にある時、アクセサリ込みで地面影が付くように変更

2013/01/17 Ver3a

◆「キャラ」のオブジェクト
@最大コマ数上限なしの拡張アニメーションを追加
Aベースの眉、目、口などを設定できるよう修正
Bキャラの体の後ろに描画される「後」パーツを追加

◆「背景」「フレームバッファ」
@色相、彩度、明るさ、コントラストなどを指定できるトラックバーを追加

◆「プレート」オブジェクト
@プレートサイズ[幅][高さ]を変更できるトラックバーを追加
A挿絵の拡大率を変更できる[挿絵拡大]トラックバーを追加



2012/10/17 Ver2f

◆「キャラ」と「立ち絵」のアンカーポイント
@画面外からの登場であっても、アンカーポイントが画面内に収まるよう、
  アンカーポイントまでの距離の3倍の距離に登場地点を変更

◆「背景」オブジェクト
@背景オブジェクトを削除してもOKになった

◆「プレート」オブジェクト
@登場地点と退場地点のアンカーポイントを廃止
A登場演出と退場演出を各12パターンに増やした
B挿絵とテキストのみの表示ができるよう、プレートの非表示を可能とした
C挿絵の参照先を「小道具」内から「動画素材」内の挿絵フォルダに変更
D動画編集中の「挿絵」追加が可能になった
E「背景」や「テクスチャ」等の小道具画像も10個まで、編集中追加可能

2012/08/23 Ver2e

◆演出時間・演出速度で混在になっていたのを、演出速度に統一

◆「キャラ」の跳ねて登場
@「歩いて移動」と「跳ねて移動」を登場・退場の演出に追加
A「跳ねる」演出の為に「着地の間」や「クッション度」などの設定を追加

◆「ベース」オブジェクト
@「ベース」オブジェクトのトラックバーを8つに追加
A「ベース」の「アクセサリ」の色相や拡大率を変更可能とした

◆「立ち絵素材」オブジェクト
@BMP形式の画像も読み込めるようにした
A拡大率を下げると、立ち絵がトリミングされ表示される不具合を修正

◆「ウィンドウ」オブジェクト
@[ウィンドウ]トラックバーから、デザインを選べない不具合を修正
Aウィンドウの「可変枠」を見直し、デザインを3つに変更

◆「マーク」オブジェクト
@「マーク」のグラデーション塗り機能を廃止
A「マーク」の演出で、不要と思われる演出を削除
B「マーク」の演出に「振り子」演出を追加
Cデフォルトの「マーク」画像を見直し(電球マークなどを追加)

2012/07/30 Ver2d

@「キャラ」形態の「ベース」に「台詞のない時の非表示」機能を追加

2012/07/23 Ver2c

@「立ち絵」形態を追加した
A「ウィンドウ」オブジェクトを追加した
B「字幕」オブジェクトにアニメーション効果を追加
C「ウィンドウ」オブジェクトから、字幕位置の指定が可能
D「ウィンドウ」に字幕と連動した台詞主名を表示する事が可能
E字幕の「吹き出し」表示が可能
Fカスタムオブジェクト「数字ダイス」を廃止
Gアニメーション効果「数字ダイス」を追加
H「数字ダイス」の不具合をいくつか修正
I「プレート」と「ウィンドウ」に挿絵表示機能を追加
J「プレート」のトラックバーを8つに増設
K背景やテクスチャの縦横サイズを864×486に変更

2012/06/25 Ver2b1 @キャラ素材.objを追加

@カスタムオブジェクト「数字ダイス」を追加した

2012/06/19 Ver2b

@目パーツの、目眉セット画像(18z.pngなど)が表示されるようになった

2012/06/14 Ver2a

@複数アニメーションに対応
A表情オブジェクトのトラックバーを4つ→8つに増設
Bベースオブジェクトから、キャラのアクセサリが選べるようになった
C表情オブジェクトからも、マークが選べるようになった
D目パチと口パク速度が動画のfpsに影響されないよう修正した



2012/05/26 Ver1b

@表情オブジェクトに「跳ねる」を追加
Aドロップシャドーを体パーツの影ではなく、統合済みパーツの影に変更
Bトラックバー上限値変化処理に対応

2012/04/28 Ver1a

@パーツ画像の重ね順を変更、目が口より下に配置されるようにした
A「マーク」に左右反転の設定を付けた
B「音量ボーダー」を設定.txtから設定できるようにした

バージョン管理以前の更新履歴は、yukktalk更新履歴に記述